ベルタ葉酸サプリ 副作用

ベルタ葉酸サプリに副作用はあるの?

ベルタ葉酸サプリに副作用はあるの?

どのようなサプリメントでも同様のリスクはあると思いますが、ベルタ葉酸サプリには副作用などのリスクはあるのでしょうか。

 

葉酸の摂取量

厚生労働省は、妊娠の可能性がある女性は1日400μgの葉酸を摂取するように通達を出しています。
これは最低限の数値なのですが、この数値を大幅に上回ると副作用の恐れが増大します。

 

ウィキペディアによると、葉酸の過剰摂取による危険性として、悪性貧血の潜在化・がん治療への弊害・紅斑・発熱・じんましん・かゆみ・呼吸障害などが発生する恐れがあるとしている。

 

 

医薬品との関係

葉酸については、他の医薬品との飲み合わせによって副作用が起こる可能性があります。
制酸剤やアスピリン、抗けいれん薬や潰瘍性大腸炎治療薬、メトトレキサートなどの抗癌剤・免疫抑制剤、抗生物質のトリメトプリム‐スルファメトキサゾールなどは、吸収や作用を阻害することが知られています。

 

ベルタ葉酸サプリをはじめ、葉酸サプリを毎日飲んでいる方は、各葉酸サプリの説明書などをよく読み、他の医薬品との関連性に十分に注意しましょう。

 

 

化学合成された葉酸

葉酸サプリにはモノグルタミン酸という成分が配合されていますが、この成分には天然のものと化学合成されたものがあります。
化学合成されたものだけに価格が安い場合が多く、ついつい安い葉酸サプリを購入してしまいがちです。

 

しかし、安い葉酸サプリは天然の葉酸ではないため、体に悪い成分が内臓に蓄積される恐れがあります。
この点、ベルタ葉酸サプリは天然由来の葉酸しか使用していないため、このような副作用の恐れはまったくありません。

 

 

添加物の有無

基本的に添加物は体に有益な成分はほとんどありません。
配合されている添加物でも、常識的な範囲であれば特に問題はありませんが、やはり過剰に添加物が配合されている場合は副作用が発生する恐れがあります。

 

そもそも葉酸サプリは先天性異常で生まれてくる赤ちゃんの確率を減らす効果もありますが、添加物を過剰に摂取すると逆に先天性異常の赤ちゃんの確率が増えてしまいます。
葉酸サプリを購入するまえに、まずは無添加であるかどうかを確認するのがとても重要です。
もちろんベルタ葉酸サプリは無添加ですので安心して摂取できます。